第7回クラウドサービス認定式開催

各位

2020年11月15日

一般社団法人 クラウドサービス推進機構(CSPA)

ニュースリリース:第7回クラウドサービス認定式開催

一般社団法人 クラウドサービス推進機構(CSPA)は、中小企業の経営を支える基盤として、良質なクラウドアプリケーションサービスのビジネス活用を推進するために、クラウドサービスを審査、認定する「クラウドサービス認定プログラム」を実施してまいりました。

このたび第7回を公募し、中小企業が安全に、また安心して持続的にビジネスで活用できるクラウドサービスの必要最低限の要件を定めた審査ガイドラインに沿って、厳正に審査し、その結果、4件のクラウドサービスが審査基準をクリアし、適合と認められました。11月6日、ホテルメルパルク東京にて認定式を行い、認定サービスの責任者など関係者が出席されました。このコロナ禍にもかかわらず、中小企業に役立つ優れたクラウドサービスを認定できたことをご支援の皆様とともに喜び合いたいと存じます。

式典のなかで、主催者は、「デジタル化に国を挙げて取り組まれる中で、中小企業に有用なクラウドサービスが、官民挙げてのデジタル化を大いに活性化させたことが期待される」と述べ、来賓の特定非営利活動法人ITコーディネータ協会会長の澁谷裕以様からは、「今デジタル化を進めるうえで、貴重な金言を紹介したい。それは、”Don’t pave the cow path“、日本語でいえばと、”牛の歩いたぐちゃぐちゃの道をそのまま舗装しても仕方がない“、である。この機に、あらゆる業務、商習慣、制度を見直してデジタル化に取り組むことが絶対に必要だ」、と力強いお言葉をいただきました。さらに、ICT経営パートナーズ協会会長の関隆明様からも、「今までにない国の動きに呼応し、私達は一周遅れと言われている我が国のデジタルトランスフォーメーションの加速に全力で取り組んで行かなければなりません。資金が限られ、IT要員すらいない中小企業にとって、安価でそのまま使えるクラウドサービスが、何よりも強い味方になる。今回認定された斬新なアイデアに富んだ、現場密着型の便利なクラウドサービスは、ポストコロナ時代に於いて、ますます必要とされると確信する」というメッセージをいただきました。高島審査委員長は、「今回選りすぐりのサービスを認定できたことは非常に喜ばしい。まだまだデジタル化が行き届いていない中小企業の領域にこれらのサービスを届けたい」と講評しました。

その後、各社に認定証が授与されました。今回の認定によって、認定されたクラウドサービスは47件に達しました。クラウドサービス推進機構は、日本の中小企業に向けたこれらの優れたクラウドサービスを、さまざまな機会を通じて、中小企業や支援者に伝え、中小企業のクラウド活用を促進してまいります。

お問い合わせは、info@smb-cloud.org まで、お申し付けください。

※このリリースに関しては、http://www.smb-cloud.org をご参照願います。

【写真】

当日の記念写真を同梱いたします。

【認定されたクラウドサービス】

社名 サービス名
株式会社テクノアA-Eyeカメラ
株式会社イークラフトマンクラウドEDI
ウイングアーク1st株式会社            MotionBoard Cloud                         
ウイングアーク1st株式会社            SVF TransPrint                                

【認定されたクラウドサービスの概要】

A-Eyeカメラ

製造業における「工場の見える化」をAI画像認識の技術を利用して、設備・機械の稼働状況のリアルタイムな監視による問題発生時の早期対応、設備・機械から収集した稼働時間、停止時間を基に、分析・改善して工場の稼働率、生産性を向上。遠隔で設備監視することによる製造業務のテレワークを可能にする。

クラウドEDI

共通EDI仕様に準拠し、発注・受注業務の事務作業が軽減され、デジタル化による生産性向上を推進、感染拡大防止に役立つ。 

MotionBoard Cloud

業種、業務を問わず、社内データ、をさまざまなチャートや地図表現により可視化する。工場内のIoTデータ、さらに、業績予測のためのKPI(指標)の策定と現場との共有によって、意思統一の徹底、業績向上につなげる                                   

SVF TransPrint

請求書や納品書について、印刷→仕分け→封入・封緘→発送手配のプロセスの工数とコストの大幅な削減、重要な帳票類のセキュアな送付・保管、配信の自動化による業務効率化、ペーパーレス化を推進。      

【今後の公募予定】

第8回認定の公募を、2021年5月頃に予定しております。

 以下のサイトに、「中小企業に役立つクラウドサービス」として、これまでの認定サービスが紹介されています。ご参照ください。

【主催】

一般社団法人 クラウドサービス推進機構(CSPA)

【問合せ先】

当事業及び当リリース内容に関しては、以下にお問合せ願います。

info@smb-cloud.org

※このリリースに関しては、http://www.smb-cloud.org をご参照願います。

支援機関

  • 日本商工会議所(日商)
  • 全国商工会連合会(全国連)
  • 全国中小企業団体中央会(全中)
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)
  • 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
  • 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会(ITCA)
  • 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA)
  • 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
  • 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)
  • 一般社団法人経営情報学会 中小企業のIT経営研究部会
  • 一般社団法人クラウド活用・地域ICT投資促進協議会(略称CLOUDIL)
  • つなぐITコンソーシアム

【主催者について】

一般社団法人クラウドサービス推進機構

■設立趣旨及び活動方針

クラウドアプリケーションサービスのビジネス活用を推進するとともに、日本経済の持続的な成長の礎となる中小規模事業者の経営改善/改革の促進を目指します。またその実施に係る関連組織・団体などと、幅広く緊密な連携を図り、顧客志向の実践的な活動を積極的に実施して参ります。そのため、情報配信、研修、ワークショップ、会誌発行、サービス品質認定などの事業を計画しております。

■設立日 : 設立 2013年8月6日

■理事

・松島桂樹(クラウドサービス推進機構代表理事)              :理事長

・高島利尚(中小企業診断士/ITコーディネータ) :副理事長

・岡田浩一(明治大学経営学部教授)                         :理事

・歌代 豊(明治大学経営学部教授)                          :理事

・大串葉子(椙山女学園大学教授)                            :理事 

・坂本恒之(株式会社スマイルワークス代表取締役社長)     :理事

・大橋知子 (ボランチ21代表)                               :理事

・田口由美子 (近畿大学経営学部准教授)                 :理事

・吉丸滋美 (共同印刷株式会社)                             :理事