クラウドサービスは連携が強力な戦略~テクノアとインフォマートによる大きな成果

「おかやまIT経営力大賞」は、経済産業省の中小企業のIT活用表彰が途切れた後も、継続的に実施してきた重厚な彰制度であり、今や、「中部IT経営力大賞2020」と並んで、地域の意欲的で意義深い活動とであると、内外ともに認められています。
コロナ禍ではありますが、本年度も開催し、先日、授賞企業が発表されました。https://www.optic.or.jp/seo/okayama_it/r02/forum.html
■大賞  1件(株)フジワラテクノアート  …  岡山市北区■優秀賞  2件(五十音順)山陽ロード工業(株)  …  津山市銘建工業(株) …  真庭市
大賞の、(株)フジワラテクノアート は協力業者約150社を巻き込んで、取引をオンライン化し、部品などの受発注業務を効率化した優れた事例です。
同社で活用したツールは、「BtoBプラットフォーム 受発注 for 製造業」、https://btob-torihiki.technoa.co.jp/
これは、昨年、私たちのクラウドサービス認定を授証された、岐阜県の㈱テクノアと東京都港区の㈱インフォマートとが、まさに、認定式での対話から生まれた連携の成果といえます。

https://www.infomart.co.jp/products/asp_mfr.asp

https://www.technoa.co.jp/

かつて、PCパッケージ主流の時代では、ITベンダー同士は競争相手、ライバルでした。しかしクラウド時代は、お互いの持つ強みを生かして、相互に連携し合って顧客の課題を解決し合う仲間なのです。
私たちがこれまで、7回まで重ねてきた「クラウドサービス認定」を通じて、このような連携が大きく花開いたことを、大きな喜びをもって、日本全国の皆さんにお知らせいたします。
大切なことは、協創を通じて日本の中小企業の課題を解決することです。私たちは、その黒子として、これからも、活動を継続してまいります。
引き続き、ご指導、ご支援のほどお願いいたします。

タグ: