「クラウドサービス認定更新&販売促進支援プログラム」の発表

おかげさまで、クラウドサービス認定プログラムもこれまで、3回実施し、26の中小企業にとって有用なサービスの発掘、普及を支援してきました。最近実施されております中小庁のIT導入補助金事業におけるITツールとしても数多く登録いただいております。
この活動をより強化するために、新規のサービスの認定事業に加え、すでに認定されたサービスへの支援活動を強化したいと企画してまいりました。
このたび、その活動を

「クラウドサービス認定更新&販売促進支援プログラム」
として公表いたします。

文書
https://service.secure-folder.jp/public/SymIwAHRUMAAtto

概要:認定されましたクラウドサービスを毎年更新認定し、多くの中小企業、および支援機関支援者への広報を強化するために、以下の3つの活動を開始します。

(1)認定の更新
認定後1年を経たサービスにつきまして申請書の提出、および更新料をお支払いいただくことによって、最新年度の認定ロゴを交付させていただきます。毎年開催の認定式にもゲストとしてご参加いただきます。また、ご希望によって認定盾、認定証を実費相当額にて交付させていただきます。

(2)クラウドビジネスポータルへの掲載
公開されているいくつかのクラウドビジネスポータルサイトと連携し、認定(更新済)サービスの掲載を仲介いたします。掲載は原則として無料ですが、掲載サイトの取引条件を確認いただき契約していただきます。現在、ソフトバンク コマース&サービス株式会社のマーケティングツールを中心とした「マーケティングバンク」(*)など数社との連携を調整しております
*https://www.marketingbank.jp/

(3)各種事例セミナーの開催
認定されたサービスを、中小企業経営者に効果的にその価値をお伝えすべく、様々なセミナーや展示会開催を検討しております。現在は下記の2点を企画しております。
①中小企業庁はじめ公的機関でのセミナー、展示会開催にあたって、更新された認定サービスを各主催機関に積極的に推薦いたします。
②認定されたサービスを中心としてクラウドビジネスアプリ最新事例セミナー(CSPA主催、出席者:無料、参加企業:有料)を3月よりテーマごとに開催します。セミナーではテーマに関する最新トピック、各サービス概要紹介および事例紹介を行います。

これらの活動を通じて認定されたサービスの緩やかなコミュニティを構築し、日本のクラウドサービスの実効性、普及を促進していきたいと存じます。
引き続きご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
以上