「IT経営ジャーナル」第3号論文公募

おかげさまで、私たちの組織の機関誌、『IT経営ジャーナル』は、第3号の発刊を迎えることができました。これも皆様のご支援のたまものと、感謝申し上げる次第です。

本年7月に第3号(Web版・電子ジャーナル)の刊行を予定しております。
研究者、ユーザー、ベンダー、支援団体など多様な方々からの投稿をいただき、ジャーナルを刊行することにより、IT化推進による中小企業・ベンダーの成長に繋げていくための一助としていくことを目的としております。

下記の要領にて、多くの皆さまからの投稿をお待ちいたしております(査読あり)。

テーマ(特に制限はありませんが第3号では、下記内容を中心に考えております)
・IT化の実態と中小企業経営
・経営者のIT化取り組みへの啓蒙
・中小企業向けベンダーの企画・開発や支援の方策検討
・ITコーディネータのビジネスモデルの検討
・IT化推進に向けた自立的なコミュニティづくり
・IT推進政策について
など。

ボリューム:4,000字程度(図表含む)

締め切り:2016年5月10日(火)18:00迄
(メール添付ファイル形式にて)。

執筆要領: http://www.smb-cloud.org/?p=731

投稿規定: http://www.smb-cloud.org/?p=753

問合せおよび送付先:
クラウドサービス推進機構 ジャーナル担当(岡田)
メールアドレス:info@smb-cloud.org

なお、昨年は以下の9つ論文が掲載されました。以下より、ご購入いただけます。
http://contendo.jp/store/itebook/Product/Detail/Code/J0010365BK0033391002/

「サテライトオフィスと人材定着に関する一考察 〜徳島県神山町の事例から〜」
田口由美子(湘北短期大学)
「ERPベースの研究支援システムの必要性」
石渡昭好 (慶応義塾大学)
「顧客価値実現につながる新事業創出手法とその検討方法 〜サービスデザイン手法とIT企画人材育成セミナーを通じて〜」
布施匡章 (近畿大学)
宗平順己 (株式会社ロックオン)
「中小企業向けクラウドサービスの検討 〜宮城県中小企業の事例をもとに〜」
藤原正樹 (宮城大学)
宮崎淳子 (日立ソリューションズ東日本)
「中小サービス業のITプラットフォーム活用に関する考察 〜中小旅館業における経営のオープン化に着目して〜」
溝下 博 (広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻)
「ボーングローバル企業の出現における情報通信技術の役割」
中尾光博 (城西国際大学大学院経営情報学研究科起業マネジメント専攻)
「『まちの音楽教室』におけるIT利活用の現状と今後の可能性」
野島恵美 (音楽家のしごと塾)
「ものづくりでのクラウド活用 〜製品開発におけるクラウド活用の可能性〜」
高鹿初子 (富士通株式会社)