6月4日に開催された、未来投資会議にて配布された資料が、今後の政府の政策の指針となると考えられます。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai17/index.html

概要をとりあえずご覧ください。

データ駆動型社会が、提唱されています。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai17/siryou3.pdf

そして工程表が全体を俯瞰するのに役立ちます。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai17/siryou4-3.pdf

この49ページを参照ください。

私たちに関連する、スマートものづくり応援隊事業は、
Iotロボット導入や、、支援する専門家派遣、の本格化、につながります。
ロボットインテグレータの育成、マッチング、教育プログラムが、記載されています。
私たちはioTの次にAIの活用を提起しデータの利活用を促進してきました。
その帰結として、人不足を解消する自動化、ロボット導入やにつなげたいのですが、そのまえに、業務の改善、工程改善がなければ、単なるロボット導入は人がロボットのために働くという無駄な投資になりかねません。
スマートものづくり応援隊とロボットシステムインテグレーターの連携、コネクトこそ、次の大きな取り組み課題と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です