金融EDI、いよいよ

いよいよ金融EDIが全国運動になります。ここまできました。
https://www.zenginkyo.or.jp/abstract/efforts/smooth/xml/

全銀EDIシステムとは、総合振込において、振込に関するさまざまな情報(支払通知番号、請求書番号など)を受取企業に送信することを可能にするシステムであり、2018年12月に稼動する予定です。
これまでは、総合振込の際に送信できる「EDI情報」(支払企業から受取企業に伝達するメッセージ)は、固定長形式で20桁までという制限がありました。本システムの稼動により総合振込のデータ形式が固定長形式からXML形式に変わります。
XML形式のEDI情報欄には、請求書番号等の商取引に関する情報(商流情報)を添付することが可能となり、これによって受取企業側での売掛金の消込作業が効率化され、事務負担の軽減が期待されます。

中小企業のメリットは2つです。
1 銀行の入出金データが自社の会計ツールに送られることで、大半の伝票の記帳が不要になります。
2 入金データに請求番号をつけられるので、請求の自動消し込みができるようになります。

そして検収から入金までの約90日間に、銀行が低金利で融資してくれるようになります。

このように中小企業の経営に省力化と円滑な資金運営への大きな支援になります。

全銀EDIの稼働は、今年の12月です。期待したいと思います。

しかし、この実現のためには、いくつか条件があります。

まず、自社の会計ツールが銀行と繋がらないといけません。
次に銀行が金融EDIに対応してくれないといけません。
最後に、支払いの大企業が、自社の経理システムを、支払い時に請求番号を銀行に送ってくれ流用に変更してくれないといけません。

つまり、道はまだ遠いのです。中小企業の生産性向上には大きな課題が横たわっているのです。決して中小企業の経営者が賢くなったり、やる気を出せばいいという問題ではないのです。

Itベンダー、銀行、大企業、みんながここに向けて頑張らないといけません。
まさに国民運動が必要だということです。自社ファーストという大企業が多ければ日本の中小企業は潰れてしまいます。

しかし、ここまできました。ここにくるのにも数十年かかりました。あと数歩、みなさんの支援が頼りです