これまでの、小島プレス工業をはじめとして多くの企業、支援機関、支援専門家の尽力によって、中小企業の金融EDIの実施に向けた大きな一歩が始まります。

本年12月に全銀ネットは金融EDIに対応すべく全銀版金融EDIであるZEDIの実施に向けサービスを開始します。

従来の振り込み時の限られたメッセージをXMLによって拡張し、企業間の情報連携、すなわち企業間を情報面でつなげることがより大きく前進します。

このメリットは中小企業にこそ役に立ってもらいたいと、多くの支援のもと、今回の実証事業がスタートします。大企業より先だって、中小企業から実証を開始するために、日本の金融機関が全面的に支援するという画期的な事業です。実に、世界でも画期的な出来事に違いありません。

実証事業は、12月までZEDIシミュレータを使った開発、1月よりZEDIとの接続実証、の予定で進めます。

ぜひ、その進捗と成果に、ご注目とご支援をお願いします。

中小企業小規模事業者決済情報管理支援事業

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2018/180725kessai.htm

の実証プロジェクトが以下のように選定されました。

北海道の地域企業間における電子決済の実証検証
株式会社イークラフトマン(+朝日農場、)

豊田・静岡連携プロジェクト 株式会社グローバルワイズ(+小島プレス、真栄、矢崎総業、伊豆技研工業、ケイエスワイ)

クラウドERP+EDI+ZEDI連携プロジェクト
株式会社スマイルワークス

大垣惣菜EDIプロジェクト 株式会社ミライコミュニケーション
ネットワーク(+デリカスイート)

次点
P.P ZEDI センターフィールド株式会社(+ミソラ、バタフライエフェクト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です