第1回クラウドサービス認定証授与式、BCNのコラムにて紹介

クラウドサービス推進機構(CSPA)が、7月29日に第1回目となるクラウドサービス認定証授与式を開催しました。中小企業にとって、使いやすく安心できるクラウドサービスを募集した「クラウドサービス認定プログラム」で認定した9つのサービスが表彰されました。

第1回目ということで、CSPAとしても今回の認定プログラムとその授与式の開催は手探りだったもよう。「(開催の)1か月前まで、授与式ってやるんですかね?と言っていた(笑)」(松島桂樹理事長)そうです。クラウドサービスを応募してくれた企業に感謝したいとの思いから開催を決め、実際に「やってよかった」との思いを述べておられました。

今回認定されたサービスを「ベストナインとして広く告知していく」(同)との言葉通り、さっそくCSPAのホームページにおいてサービスが紹介されています。また、クラウドサービス認定プログラムの第2回目を、10月に予定しているとのこと。第1回目で「まだ知名度がない」とする同プログラムですが、今後どのように影響を及ぼしていくのか、期待しています。(前田幸慧)

【記事はこちら】
CSPA、第1回「クラウドサービス認定証授与式」を開催、9つのサービスが認定