週刊BCN、にて、「BCN全国キャラバン2016 in 札幌」を広報

http://biz.bcnranking.jp/article/news/1608/160805_142881.html

 

週刊BCNは8月5日、「求む!ビジネスパートナー ~SIer、リセラーのためのITトレンドセミナー~」と題し、SIerとリセラー向けのセミナーを札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45で開催。基調講演のほか、全国展開に注力するベンダーが商材とパートナー戦略を紹介した

基調講演は、クラウドサービス推進機構の松島桂樹・代表理事が登壇。「クラウドの売り方~SIer、販売代理店が商機を逃さないために」と題して講演した。

「インダストリ4.0が注目されるなかで、政府も中堅・中小企業向けの政策として、取り上げるようになってきた。私の記憶では、これほど本腰を入れることはなかったのではないか。中堅・中小企業を支援しないと、さすがにやばいと、ようやく政府は気がついたようだ」と語った。そのうえで、中堅・中小企業向けにはクラウドサービスが有効活用できるとして、さまざまな事例や動向を紹介。「日常生活でも、無意識のうちにさまざまなクラウドサービスを活用する時代になった」ことから、業務でも手軽に使える環境が整ってきているとした。講演の最後に松島理事は、「クラウドは口で説明するのではなく、使ってわかってもらったほうがいい。一緒に中堅・中小企業のマーケットを広げていきましょう」と語り、講演を締めくくった。