アジェンダ①(96日  13:00-17:00

氏名 所属 テーマ 概要 アサイン時間 ご希望

時間

栗山 敏 ビジネス・ブレークスルー大学 オープニング 13 15
自己紹介 関口 正俊、田中 寿弥、細見 純子、鳥居 義孝 12 12
髙島 利尚 TMI/経営情報学会・中小企業のIT経営研究部会 ⑴地域活性化における小規模企業支援の必要性 寒川町小規模製造業支援の現状 15 15
松島 桂樹 クラウドサービス推進機構 ⑵見えてきた第4次産業革命の姿 第4次産業革命の姿は提案されてきたが、具体的に呈示されたわけではない。ここにきてその素材が明らかになった。第4次産業革命とは、どんな革命なのかについて、議論します。 15 15
小池 明 中小企業庁 技術・経営革新課長代理 ⑶中小企業のデジタル化促進 日本商工会議所・小松さんから変更の吉野課長の代打。 25 30
土井 秀文 日本商工会議所 ⑷日商でデザイン思考研修をやってみた 本年6月、日本商工会議所の若手職員を対象に開催した「デザイン思考研修」の内容とその反響についてご紹介します。 25 30
佐々木 康浩 三菱総合研究所 ⑸なぜ永遠の課題は解決しないのか? デジタルトランスフォーメーションに登場する議論に既視感のある要因について考察した。 25 30
宗平 順己 Kyotoビジネスデザインラボ ⑹MIT Sloan CIO Symposium 2019 参加報告 今年で16回目を迎えるMIT Sloanが主催するCIOシンポジウムに参加してきました。デジタル・トランスフォーメーションへの対応に向けての新たなフレームワークの提案など興味深い話が多々きけましたので、その報告をします。 25 30
石井 昭紀 株式会社イージフ ⑺ディジタルファースト時代の文書情報管理 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会として推進している新しい時代の文書情報管理についてお話したいと思います。 25 30
渡邉 迅人 浜松いわた信用金庫 ⑻地方都市で作る起業家・第2創業のエコシステム 信用金庫業界として初めて、シリコンバレーに渡り、シリコンバレーの起業家育成のエコシステムを学び、日本の地方都市に合う形で、エコシステム、起業家コミュニティ作りを浜松でスタートさせる。 20 20
佐野 憲 株式会社はまぞう ⑼チャイナ・イノベーションに学ぶ 今年の上海国際モーターショー、先日の CES ASIA の現地レポートを中心に報告。中国イノベーションのリアル、今をお伝えします。 20 20
村松 直彦 株式会社ドローン・アンド・カンパニー ⑽建設テック革命の今 建設現場も「i-Construction」という国策の下、DX が進行中です。建設会社が今後どうシフト、進化すべきか、ご提案します。 20 20

 

アジェンダ②(97日  9:00-12:00

氏名 所属 テーマ 概要 アサイン時間 ご希望

時間

菅又 久直 サプライチェーン情報基盤研究会 ⑾アジアにおける貿易取引を垣間見る 海外のビジネスチャンスに挑戦する中小企業のために、ASEANにおける貿易取引IT化の現状を紹介します。 15 15
原 善一郎 太平洋工業株式会社 ⑿想定外のサーバダウンの監視について サーバ監視は、ネットワーク監視システムで行うのが常套手段である。これで対応できない場合の監視のアイディアを提案します。 15 15
坂本 恒之 株式会社スマイルワークス ⒀中小企業共通EDIと金融連携の実証事業の報告とその後の展開 次世代経営基盤としてクラウドERPにEDI機能と銀行連携を実現し生産性向上に貢献。 25 30
大久保 光憲 プロジェクトディレクション ⒁資本主義と日本文化の狭間でビジネスをする時に考えること 第4次産業革命が資本主義を再加速させる中、失われがちな文化資産に対しビジネスでどう向き合っていくべきかについて、葛藤と取り組みを説明します。 20 20
布施 匡章 近畿大学 ⒂大学生の幸福度の決定要因 近畿大学で実施しているパネルデータ調査より、大学生の主観的幸福度がどのような要因から影響を受けているのか分析結果を話します。 25 25
鈴木みさと 近畿大学 ⒃学生が商品を購入する際の着目点 学生(若者)が商品を購入する際に、どのような所を注意しているのかを中心に、誰もが使う「洗濯機」を例に学生目線でお伝えします。 15 15
大久保彩花 近畿大学 ⒄香りを味わう紙コップ サービスデザインを用いた「風味」の表現方法について話させて頂きます。 15 15
仙波 真二 株式会社オージス総研 ⒅サービスデザイン思考関係 サービスサイエンスの講義(近畿大学)で新聞を題材に課題に取り組んでもらました。取り組みのプロセスとアウトプットについて簡単にご紹介します。 25 30
黒岩 惠 ESD21 ⒆米中経済戦争で思い出す日米半導体摩擦 中国のHUAWEIの5Gに端を発した米中経済戦争は、日米半導体摩擦を想起。80年代の電子立国日本を小職の視点で述べる。 20 15

 

アジェンダ③(97日  13:00-17:00

氏名 所属 テーマ 概要 アサイン時間 ご希望

時間

自己紹介 佐々木 言、藤田 賢一、山下 逸治、門田 進一郎 12 12
岩本 元 株式会社オプテージ ⒇会社再編における社内のシステムとインフラの対応事例 本年の4月にケイ・オプティコムと関電システムソリューションズが合併、関西電力から設備譲渡を受けてオプテージが誕生しました。事業継続に必須である社内のシステムとインフラの対応内容を紹介します。 20 20
柏原 剛 クラウドサービス推進機構 ㉑なぜ、相模原モデルに注目が集まるのか? 各所で開催されるIoT展示会。これに支援者が加わり、売り手、買い手との三方よしの展示会となる実例を紹介する。 20 20
山内 徹 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) ㉒広がる電子契約等を支えるトラストサービスの動向 近年、企業間取引や住宅ローン等において急速に普及している電子契約等の信頼性を確保する電子署名等トラストサービスの動向をわかりやすく説明します。 25 25
栃川 昌文 株式会社ビジネス・アイ ㉓食えるITCを目指して ITC福井の取組 ITCとして活動するためには、知識だけでなく経験値が必要になります。しかし、この経験が不足しているから、ITCとしての活動ができない人も少なからずいます。こうしたITCに経験値を積ませるための取組を発表します。 20 20
西野 直也 NPO IT静岡 ㉔よちよちITC なぜ、小零細企業を支援したいのかについて。 20 20
松浦 真弓 アステリア株式会社 ㉕事例で見る!中小企業の課題解決 ペーパーレス、営業の活性化、情報共有の改善等、中小企業の様々な課題の解決法と事例をご紹介。 20 30
明神 知 北海道情報大学 ㉖デジタルビジネス開発方法論の教育実践報告 本学では、サービスデザイン思考をベースにしてシステムダイナミクスで事業継続性を検証する「デジタルビジネス開発方法論」を実践している。その教育実践報告を行う。 25 30
大橋 知子 有限会社 ボランチ21 ㉗アフターデジタルのビジネスモデルとITの役割 (問題提起)アフターデジタル、即ちオフラインのない時代、日本はかなり周回遅れですが、 IT?といわれる役割は何か。一緒に考えたい。 15 15
岡本 大輔 日本商工会議所 ㉘地域・中小企業におけるIT・IoT等の活用推進に関する意見より 7月18日公表の意見書のエッセンスをご紹介します。 15 15
高坂 匠 ジパングプロジェクト株式会社 ㉙私のインキュベーション(起業第一歩) 2019年4月1日ジパングプロジェクト株式会社を設立し起業。スタートアップの概要につきお話しします。 25 30
住田 光世

受田 憲昭

経済産業省 製造産業局 ㉚ものづくり白書2019の概要報告 25 30

 

アジェンダ④( 989:00-12:30

氏名 所属 テーマ 概要 アサイン時間 ご希望

時間

自己紹介 田口 由美子、原島 啓輔 6 6
吉丸 滋美 共同印刷株式会社 ㉛女性ペルソナプラットフォーム、プロトタイプのご紹介 継続して取り組んできたペルソナプラットフォームおよび事業化構想についてご紹介します。 20 30
渡邊 功 Next planning ㉜その幸運は偶然ではないんです 個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。 20 20
田中 茂 日本システムアドミニストレータ連絡会 ㉝業務改革推進リーダについて 時代の変遷を踏まえ、業務改革推進リーダの役割、必要性について皆さんと考えたいと思います。 15 15
阿久津 恵子 日本システムアドミニストレータ連絡会 ㉞AI・デジタル時代に求められる人材~シスアド再定義~ AI・デジタル時代に求められる人材は、どのような人材であるかを問い、その人材のポジションを担うと考える「シスアド」にてついて再定義することを提案したい。 15 15
小島 昌也 TOMOWEL Payment Service株式会社 ㉟キャッシュレス経費決済「Bizプリカ」のご紹介と活用事例について 社内キャッシュレスから業務効率化や生産性向上を目指す取り組みを発表します。 20 20
加藤 敦 同志社女子大学 ㊱性格因子とキャッシュレス決済行動に関する日中比較 日中女子学生の性格因子と決済利用についての実証研究。中国人院生との共同研究。 20 20
近藤 信一 岩手県立大学 ㊲下請型中小企業のIoT利活用モデル-受発注間によるIoTデータ連携と関係性強化 下請型中小企業がIoTを利用することで受発注間の関係性強化を目指す。 20 30
向 正道 新日鉄住金ソリューションズ ㊳「ねじれ構造のフレームワーク」① 本年の経営情報学会春季大会でIT資産価値研究会として発表した3部作の1作目を語ります。 20 20
栗山 敏 ビジネス・ブレークスルー大学 ㊴「ねじれ構造のフレームワーク」② 本年の経営情報学会春季大会でIT資産価値研究会として発表した3部作の2作目を語ります。 20 20
竹政 昭利 株式会社オージス総研 ㊵「ねじれ構造のフレームワーク」③ 本年の経営情報学会春季大会でIT資産価値研究会として発表した3部作の3作目を語ります。 20 20
栗山 敏 ビジネス・ブレークスルー大学 クロージング 10 10

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です