日経ビジネス最新号(2018.08.20号)をぜひ、お読みください。
p44 「崩れる産業ピラミッド、飛躍する下請け企業産業」
をぜひ、お読みください。
事業継承が困難な中小企業の状況のなかで中小企業の数が減ることで受注できる優れた企業が限られ、発注企業との立場の逆転現象が起こっていると述べています。
中小企業が価格を決める、発注企業が納期を待たされる、さりとて中国企業には品質的に、発注できない、中国企業の成長に伴って、高精度の部品を日本のメーカーに頼ってきている、大手発注企業もEVなど最新技術の対応できる受注企業を探すのに苦労している、など、興味深い事例が掲載されています。
紹介企業
ハーモニックドライブシステムズ(長野)
THK(東京)
長野鍛工
イブキ(山形)
ヒルトップ(京都)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です