IoTツール情報の公開

10月4日に経済産業省のIoTツール公募による、IoTツール情報公開に関していくつか記事が掲載されました。

中堅・中小企業でも簡単・低コストで使えるIoTツールに――、AWSがクラウド活用例を紹介
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1028288.html

ここでは、当推進機構会員のブレインズテクノロジー、小島プレス工業が紹介されていますので、皆さんにご紹介いたします。

具体的な事例として、ブレインズテクノロジーでは、製造工程における異常検知システムを開発し、各工程で測定された全データを機械学習に通すことで、不良を100%検出。小島プレス工業では音データをもとに不良傾向を分析し、不良品の低減を実現。

「今回選定したスマートものづくり応援ツールは、IoTは経営や生産現場の課題を解決するためのツールであり、高度で手の届かないツールとの認識ではなく、それぞれの企業の身の丈にあった活用方法があるとの意識を共有し、生産現場における課題を解決するためのツールや工場や企業の間で情報連携をする際の課題を解決するためのツールなど、7つのユースケースをテーマとしてツールの情報収集を実施。中小製造企業の経営者の目線で審査委員会により選定した。106件を選定したが、このなかにはAWSを活用したものも多い」

スカイディスク社は
「当社が提供するAIは、センサーデータに特化したものであることも特徴。システム全体をワンストップで提供しており、パッケージとして提供できるため、早期導入が可能になる。すでに農業分野では収量予測やノウハウ継承に利用したり、倉庫の効率的なオペレーション検証などに活用。中部電力では、低価格なセンサーを利用して、正常および異常データのパターンを解析し、機械故障の予兆を察知し、故障する前に修理およびメンテナンスができるようになる。中部電力では、来年以降、本格導入する予定であり、当社では、このノウハウを応用して中小企業でも利用できるパッケージとして展開していくことになる」

武州工業は
「スマートフォンを利用した機械動作情報収集装置」および「Raspberry Piを利用した機械動作情報収集装置」を紹介した武州工業では、同社独自の統合管理システム「BIMMS」を、AWS上で提供。「出退勤、生産指示、倉庫在庫管理、工程不良管理、生産実績管理、品質管理、状況分析といった棚卸を切り口に、日々の決算ができる仕組みを構築。様々な業務がつながっているため、入力は少なくても、現場の見える化によって、さまざまな分析が可能。経営と現場に気づきをもたらすことができる」(武州工業 代表取締役の林英夫氏)

他に同じ記者会見記事です。

中堅中小製造業のIoT活用、AWSと経産省が事例紹介
http://ascii.jp/elem/000/001/262/1262378/

経産省とAWS、中堅・中小製造業のIoT活用状況を説明
http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/11/aws_iot/

AWSが経済産業省と中堅・中小製造業向けIoT事例を説明
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/110403264/?rt=nocnt

経産省とAWS、中堅・中小製造業のIoT活用状況を説明
http://news.livedoor.com/article/detail/12269882/

経済産業省が中小製造業のためのIoTツールリストを公表、企業自身が開発したツールも
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1611/07/news073.html

AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。
http://analytics-news.jp/info/article.html?oid=5906