IT経営ジャーナル」投稿論文投稿規定

CSPA投稿規定(PDF) 

第1条(目的)

本誌は、中小企業のIT経営にかかわる諸問題の研究および応用を促進し、企業経営と中小企業のの発展に寄与するために、独創的な研究成果を発表することを主たる目的とする。

 

第2条(投稿資格)

投稿原稿の著者は原則として会員とするが、会員外の投稿を拒まない。

 

第3条(投稿原稿)

1.投稿原稿の種類は、論文(招待論文を含む)、研究ノートとする。論文は有用性のある独創的な内容を含み、先行研究を踏まえており、研究の手続きの厳密性、証明・実証・反証・事例提示が出来ているものを指す。研究ノートは、提示された知見に新鮮さがある、内容が公刊に値する資料的価値がある、問題提起として価値がある、事実発見として公刊の価値がある、の何れかの条件を満たせば、論文の条件を満たさなくても良い。

2.投稿原稿は第1 条に掲げた目的に合致し、かつ他の刊行物では未発表の(あるいは投稿中でない)オリジナルなものに限られる。

3.投稿は、原稿を電子投稿システムから編集事務局に送付することで行う。論文および研究ノーの記述は論文執筆要項に従うものとする。提出された原稿は返却しない。

4.投稿原稿の記述が本規程や論文執筆要項を逸脱している場合、編集委員会は著者に原稿の修正を要求する、または編集委員会の判断で原稿の差し戻しを行うことがある。

5.投稿原稿について多重投稿や剽窃の疑いがある場合は、編集委員会は関連する組織・機関と著者・論文情報を交換することがある。多重投稿あるいは剽窃の事実が判明した場合には、投稿受付を取り消す。

 

 第4条(投稿論文の審査)

1. .投稿論文は複数の査読者によって審査される。審査は論文受付後、速やかに行うものとする。

2. 審査の結果、論文内容の訂正を著者に要請し、再提出をすすめることがある。

 

 第5条(投稿原稿の採否および掲載)

1.投稿原稿の採否および掲載は、審査結果を参考に編集委員会が決定する。

2.投稿者には論文掲載号1 部を無料提供する。

3.投稿原稿掲載にあたって、編集委員会は著者に掲載料を請求することができる。

4.投稿原稿、再提出原稿の受付日は当該原稿が本学会へ到着した日とする。また、受理日は当該論文の採択を編集委員会が決定した日とする。

5.原稿は、Microsoft officeなどのデータファイルをメール添付の形で送ること。送付先および問合せ先: info@smb-cloud.org(ジャーナル担当 岡田浩一)。掲載にあたって、編集委員会で校正・編集することがある。

 

 第6条(受理された投稿原稿の校正)

受理された投稿原稿の著者による校正は初校のみとし、訂正範囲は原稿と異なる字句の箇所に限定される。

 

 第7条(著作権)

1.掲載された論文等の著作権は原則として当推進機構に帰属する。特別な事情により本学会に帰属することが困難な場合には、申し出により著者と本学会の間で協議の上、措置する。

2.著作権に関し問題が発生した場合は、著者の責任において処理する。

3.著者が自分の論文を複製・転載等のかたちで利用することができる。この場合、著者はその旨掲載先には出典を明記すること。

4.本機構は、掲載された論文等を、機構が指定する方法で配布・販売する権利を有する。販売にともない収益金が生じた場合は、原則として当推進機構に帰属する。機構による論文の配布・販売を許諾しない場合は、著者は事前にその旨を書面をもって機構に通知すること。

 

 第8条改廃

この規程の改廃は、編集委員会の議を経て理事会が行う。

 

 附則

1.この規定は、平成26年4月1日から施行する。