ITPro Success【ITインフラ整備編】クラウド導入視野に、業務や組織も見直しを

  • by

ITPro Success【ITインフラ整備編】クラウド導入視野に、業務や組織も見直しを

 

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/112000128/052000011/?ST=suc-infra

サーバーを自社で持たず、サービスを利用する「クラウドコンピューティング」への移行が大きな話題となっています。従来はオフコンやパソコン、サーバーを自社に設置してITを活用する形態が主でしたが、クラウドコンピューティングではサーバーなどを設置しなくてよいため、少ない投資で済むだけではなく、運用も簡素化されます。

「ITの必要性は理解できるが、どのように活用していいか分からない。コストが負担できない」と述べる経営者は少なくありません。しかし実は、中小企業こそクラウドコンピューティングのメリットを受けると言われています。資金面でハードルが下がるからです。

クラウドコンピューティングでは、必要になったら使いたいサービスを選んで使いますが、事前に準備しておくものもあります。それはインフラです。インフラがなければ、必要な時に必要なサービスを使えません。優れたクラウドサービスを選び、使用しても、活用できず効果もあがらないのです。

インフラには、ハードウエア、ソフトウエアなどのIT資源と、データなどの情報資源があります。さらに、IT資源や情報資源を上手に使い、思わぬ損失を被らないするための管理資源があります。ITを使いこなす人や組織、支援者も重要な資源です。これらの資源が整備されていなければ、クラウドがあってもIT活用で効果を上げられません。

タグ: