ITPro Success 中小企業の「攻めのIT」、経営課題を明確にしてチャレンジを

  • by

ITPro Success 中小企業の「攻めのIT」、経営課題を明確にしてチャレンジを

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/112000128/042800006/?ST=suc-work&P=1

高島 利尚=中小企業診断士/ITコーディネーター(クラウドサービス推進機構副理事長)

 「攻めのIT経営」とは、明日に向かってアグレッシブにチャレンジしていく経営課題を掲げ、それをIT活用により実現している経営をいう。

 経営環境が激変している今日、従来の問題解決的な経営ではなく、経営環境の変化を読み、自社の持ち味や強みを考慮して、中長期の視点から「ありたい姿」を描き、その実現に向けて取り組むことが求められる。つまり、攻めの経営課題を明確に決め、経営革新に向けて種々の方策を講じ、着実に成果に結び付けていくことである。

その重要な方策の一つに、「空気」や「水」のように抵抗なく普遍的に受け入れられるようになったITの活用がある。効果的にITを活用できている経営が「攻めのIT経営」に相当する。

タグ: