岐阜県IoTコンソーシアム発足

  • by

3月29日付で、岐阜県Iotコンソーシアムの発足を発表しました。

http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_11352/gifu-iot-consortium-boshu.html

https://www.softopia.or.jp/2018/03/consortium20180329pr/

これは岐阜県成長雇用戦略2017、にもとづく岐阜県の最重要な施策の一つです。

http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/shokogyo/horei/11351/index_55332.data/03shiryo.pdf

岐阜県IoTコンソーシアムは、従来、バラバラになりがちな商工会議所、商工会、工業試験所などの様々な支援機関、教育機関、と企業、IT企業との間をつなぐハブとして、一元的に支援するための、 プラットフォームです。私、松島が担当します。

5年間という期限付き、年会費はみんな1万円ポッキリ、というフラットな目的志向の組織運営です。

参加されることで、学びの場が提供され、岐阜県内で様々なプロジェクトを創出し、岐阜県が人的、資金的な支援を行います。

県内企業のみならず、岐阜県のプロジェクトに関心のある県外の企業、団体の参加を歓迎します。

また、運営もペーパレス、電子化を追求しますので、有用なクラウドツールの支援を歓迎します。たとえば会員同士の意見交換の場としてのSNSなど 便利なツールをご支援いただければ助かります。

セミナーは当然として、分科会活動でスタディされ、重点プロジェクトが創出されれば、省庁への公募事業への申請助言、岐阜県での補助事業につなげます。

みなさんと一緒に、地域版コネクトテッドインダストリーのモデルとなるべく奮闘いたします。ご協力、ご支援のほど、お願いします。

この中で、いつも講演で提言している、近所の電気屋さん、ならぬ「まちのIoT屋さん」のネットワークを計画しています。スマートものづくり応援隊で育成された専門家、ITコーディネータ、中小企業診断士の皆さんを、産地に配置して、中小企業の現場からの相談に迅速に対応できる支援体制づくりです。

みなさまのご参加を楽しみにお待ちしています。